Yoshio Iwamoto

岩本 義夫

60歳過ぎて、ひょんなことから絵を書き始めたという岩本さん。御年65歳。花火師や電気屋さん、トンネル工事でダイナマイト爆発のお仕事をされていたという彼の絵は、いつだって ”金色” が好んで使われる。タイトルもズバリ、全て、”金髪のおねえちゃん”。海外のハイブランド広告を見ながら、自由な解釈、自在な配色で書き上げられるそれは、私にとっては、圧巻の ”光” そのもの。どうしてこんなに部屋が明るくなる絵が描けるのか、と思ったら、彼の受けてきた光の量が、圧倒的に他者と異なるのかもしれないなと思った。目が全て本人にそっくりなのもご愛嬌。チャーミングでハートフルで、最高にブリリアントでHOTな絵であります。

×
SIMULATOR
CLOSE